img-1

土地活用としてのアパート経営のメリットとデメリット

土地活用の代表的な方法としては、アパート経営のことが挙げられます。



ただし、土地活用方法というものはアパート経営に限ったものではなくて、土地の立地条件や活用の仕方によって他の方法が適していることも考えられます。
土地活用を上手に行うためには、土地の種類や特徴を把握して適した方法を選択することが重要になります。



所有している土地が賃貸住宅の需要が高いと判断できるときには、アパート経営に適してします。

アパート経営の場合では、自宅との併用として利用することも可能です。



アパート経営のメリットとしては、相続税の対策などに効果が高いことがあります。



固定資産税の評価の軽減を受けられるメリットもあります。
収益性を上げられる立地条件であれば、家賃収入を得ることができますので安定した収入源になります。



狭小地の土地であってもアパートを建設することによって、有効に使うことができます。

建築に関しての専門的な知識を有していない人であっても、建築から管理に至るまで一貫して専門の業者に依頼することができますので、業者に任せて事業を開始することが可能です。



アパート経営のデメリットとしては、途中で事業の転換を考えることが難しい点があります。
1度事業を始めてしまうと、途中で変更することが困難と考えられます。


更地の土地を所有しているときには、アパートの建設が必要になってきますので初期の投資額が大きい点もデメリットということができます。

関連リンク

img-2

土地活用としてのアパート経営のメリットとデメリット

土地活用の代表的な方法としては、アパート経営のことが挙げられます。ただし、土地活用方法というものはアパート経営に限ったものではなくて、土地の立地条件や活用の仕方によって他の方法が適していることも考えられます。...

more
img-3

土地活用のためのアパートローンについて

土地活用のためにアパート建設をするときには、建物本体の他にも工事費用や、外溝の付帯工事、その他の各種申請手続きのための費用、税金のことなどについても考えておかなければなりません。建築費用に関しても建物の工法や構造、設備面におけるグレード、戸数、敷地の条件などによって様々な金額の違いが出てきます。...

more